🍂木洩れ日図書缶

脚本とか小説とかエッセイみたいなもの。
書きます。
取材旅行、行けたらいいな~。
俳優さんや女優さんの名前らしきものが出てきますが、ご本人には全くもって関係がございません。ごめんなさい。

退屈な週末8/11

天王洲オープンテラスレストラン。


外テーブル
ガッキー、サラダとオレンジスカッシュ。
ZEN、ビールとステーキ。


足元にぽテコ。
ガッキーの足に寄りかかっている。
ガッキー、軽く足をぽテコからよける。


ガッキー、バッグからウエットティッシュを取り出し、手をいつまでも拭いている。
ZEN「綺麗好きだね。女性でよくつり革つかむの嫌だって人多いけど、
   俺なんか自分の方がつり革より汚いと思ってるから全然平気。」


ガッキー、オレンジスカッシュを飲む。
ZEN「ぽテコはこれ。」
ZEN、ぽテコの前にドッグフードを乗せた紙皿を置く。


ZEN、ステーキを頬張る。
ぽテコ、餌を食べる。
ガッキー、ZENの食べる様子を眺めている。
ZEN、ガッキーに笑顔を見せる。
慌てて、ガッキー、サラダを食べ始める。


テーブルの少し離れたところを、談笑しながら客達が通り過ぎて行く。
それらをビールを飲みながら眺めるZEN。
ぽテコ、ドッグフードを食べ終わり、腹ばいになってガッキーの足を見ている。


ZEN「笑顔で話しながらくつろぐ人達を見ているのが好きなんだぁ。」


ぽテコ、ガッキーの足を舐める。
ガッキー、ポケットティッシュに手を伸ばす。
ZEN「君の事も見てたんだよ。」
ガッキー「えっ?」
ガッキー、テッシュを取るのをやめる。


ZEN「あそこの店、ガラス張りだろ、外にあるメニューを見るので足を止める人が多いんだ。
   入ってくれないかなぁってね、見てるの。
   それにうちのメイドちゃん達、自分の仕事で精一杯で、お客さん席になかなか案内しないし・・・」


ぽテコ、ガッキーの脚をまた舐める。



天王洲運河。


運河沿いの道
ZEN、ペットだっこキャリーを背負い、ぽテコにリードをつけ一緒に歩いている。
その後をガッキーがついて行く。
ZEN「いつ入ってくれるかなって見てた・・・・
   毎週、土曜に・・・」
ガッキー「・・・」


運河に架かる橋の上
二人、川面を見ている。
ぽテコ、腹ばいになってくつろいでいる。


ZEN「いつもおしゃべりしてるメイド、べさん。
   彼女、旦那さん亡くして、保育園に行ってる子供が二人いるんだ。
   新しいパパを探すんだって張り切ってる。
   眼鏡かけた子、あの子大学生、早く自立したいって春にバイト始めたばかり。
   シェフも飲んべいだけど気のいいやつさ。
   働いてて面白いよ。
   だから君にもうちのレストランで食事してほしいなって思ってた・・・」
ガッキー、足元に居るぽテコの頭をためらいがちに撫でてみる。



天王洲アイル駅付近。


ガッキー、ぽテコのリードを持ちぎこちなく歩く。
ZEN、笑顔でその様子を見ながら、歩いている。


女子「あら、ガッキーじゃない?」


ガッキー、ZENの前に、【つっつー先生年金生活突入祝賀会実行委員会】のメンバーが現れる。


夏子「やだ彼氏?紹介して!」
ガッキー「・・・」
ZEN「だだの知り合い。」


女子「え~あやしい~」
他男子「お邪魔だろうから、行こうぜ。」


ガッキー、ZEN、実行委員会メンバーに軽く会釈をして歩き出す。


歩いて行くガッキー、ZENをいつまでも眺めている【つっつー先生年金生活突入祝賀会実行委員会】のメンバー。



ZEN自宅。


フローリングのリビング
寝袋で寝ているZENにぽテコが近寄り顔を舐める。


ドックフードフードを食べているぽテコ。


キッチン、肉が焼ける音、ZENの後ろ姿。


オーブンを覗くZEN。


ダイニングテーブルの上の皿、牛ヒレ500g程ステーキ、山盛りマッシュポテト、ブロッコリー少し。


ぽテコ、自分の空の皿を舐めている。


ZEN、窓辺。
💀の九谷焼のマグカップの縁を大きく左手で持ち、手首を上に上げコーヒーを飲む。


完成したガンプラの入っているシャビネットに、チェキ撮影した、顔をぽテコで隠したガッキーの写真が飾られている。



ガッキー自宅。


ガッキー自室
テキスト、ノート、六法全書、ボイスレコーダー、眼鏡を次々バッグに入れていく。
引き出しから、ぽテコのみ、ぽテコで顔を隠したガッキー、ZENのチェキ写真を取り出す。
ZENの写真をシュレッダーにかける。


バッグを持って自室を出るガッキー。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・休憩・・・・・・・




【GUMI(40㍍)】 シリョクケンサ Eye Examination【オリジナル】










にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。