🍂木洩れ日図書缶

脚本とか小説とかエッセイみたいなもの。
書きます。
取材旅行、行けたらいいな~。
俳優さんや女優さんの名前らしきものが出てきますが、ご本人には全くもって関係がございません。ごめんなさい。

シンクロ 2/3

乗り換えの為、駅構内の階段を昇っていく愛莉。
愛梨『そういえば、あの甘い匂い、私が入院してた時にも嗅いだことがあった。
   何の匂いだったんだろう。
   もしかしてお薬のにおいか・・・・
   ヤな事おもいだしちゃった・・・・』


愛梨、首の後ろを掻き、頭のてっぺんも軽く掻く。


愛莉の斜め前を昇って行く女性も同じところを同じ様に掻く。


愛梨『あれ?偶然だよね。二か所同じとこ掻いてるなんて珍しくない?
   フフ・・・』


本日はここまで。




Blur - Song 2




PVアクセスランキング にほんブログ村




にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。