🍂木洩れ日図書缶

脚本とか小説とかエッセイみたいなもの。
書きます。
取材旅行、行けたらいいな~。
俳優さんや女優さんの名前らしきものが出てきますが、ご本人には全くもって関係がございません。ごめんなさい。

退屈な週末2/11

居酒屋。
ばーちー、夏子、ガッキー先に来ている仲間のところに行く。
途中、店員に飲み物の注文をする。


座敷、女子4人男子3人。
女子「夏子~此処ココ~」
女子の隣2席の空いている所を指さす。


夏子「や~ん、女子、女子、元気だった~ひっさしぶっり~。
   あたし達こっちでいい。」
夏子、手前に座っていた他男子を無理やりに奥に座らせて、夏子、次にガッキーが座る。
ばーちー、みんなに挨拶をしながら夏子達の向かいの席の一番奥に座る。


〈ばーちー、男子、別男子、別女子、優女子
 他女子、女子、他男子、夏子、ガッキー〉


男子「つっつー先生、もう定年か~。
   俺たちの頃、50代だったのか~もっと若く見えたけど。」
女子「人気があって、壁ドンしてほしいって迫ってた女子生徒いたなぁ」
別女子「見たことあるよ!それ!マジでやってるのかと思った。」
別男子「何人もの女子生徒とやってるの見たぜ。」
夏子「そんなの聞いたら定年退職お疲れ様の会するの嫌になっちゃう。」
女子「女子生徒の押しがすごかったのよ。先生、可哀そうだった。」


ガッキー「いつ、お祝い会やるの?」
女子「来年の3月あたり。」
別男子「今から打合せって早くね?
    女子、誰かに逢いたい口実なんじゃね?」
女子「誰かって・・・」
女子、ばーちーを少し意識する。
女子「3月ってパーティールーム押さえるの大変だし・・・
   そもそも私、誰かに逢いたかったらすぐ連絡しちゃう性格だから。
   バカじゃない別男子」


他男子「会場だったら、僕の会社の保養所とかどう?
    蓼科にあって一泊して翌日ゴルフとかいいね。どう?」
一同「いいね~!」



・・・・・・・・・休憩・・・・・・・






にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。